よくあるご質問

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 9
  • 公開日時 : 2020/06/09 04:54
  • 更新日時 : 2020/09/07 11:26
  • 印刷
ENEOSでんき

そもそもなぜ電力は自由化されたのですか?

そもそもなぜ電力は自由化されたのですか?
カテゴリー : 

回答

多種多様な新規事業者の参入によって、顧客による電力会社の選択を可能とするためです。
それぞれの事業者が、顧客を獲得するために創意工夫を凝らすことで、サービスの種類や内容が多様化し、料金メニューの幅が広がるなどの変化が実現する可能性があります。
高コスト構造・内外価格差の是正を目的に競争原理の導入による経営効率化を促すべきとの議論が起こり、諸外国にならい1995年より電力自由化が始まりました。
2000年以降の電力事業制度改革によって、徐々に電力小売自由化の範囲が拡大されました。
工場などの大口消費者に対しては、既に各地域の電力会社以外の、新規参入事業者(いわゆる「新電力」)も電力の小売を行っています。
2011年3月の東日本大震災・東電福島第一原子力発電所の事故を契機に、電力業界全体の改革議論が加速し、①地域を超えた電力の供給を拡大すること、②電力小売を全面的に自由化すること、③送配電ネットワークを利用しやすくすることの三点を柱とした改革が行われることとなりました。
※2020年7月31日現在、計665社の新規参入事業者が参入しています。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます